鏡畳店 拡大 標準 山形の畳屋さん、鏡畳店

畳替えをお考えの方へ

鏡畳店流の畳替え

(1) 朝、お預かりして、工場へ運びます。当社の最新鋭の設備と熟年の職人達により、畳が生まれ変わります。
(2) 当社では基本的に一日で仕上げます。「思ったより畳替えって簡単ね」と皆さんに喜ばれております。安心してプロの私どもにお任せください。
(3) 「家具の移動が大変でなかなかね」と思っている方、心配ご無用です。慣れている私どもにお任せください。大抵の物は大丈夫です。大きい家具は畳を外した所に便利な道具を使って移動します。畳替えのついでにお部屋の大掃除・模様替えはいかがですか?気分もお部屋もリフレッシュ!


畳工事の種類

(1) 新畳/部屋の寸法に合わせて、全て新しい材料で畳を製作します。
(2) 表替/今、敷いてある畳の畳床はそのまま使用し、畳表と畳縁を新しくする工事。隙間・へこみなどできる範囲で修理いたします。
(3) 裏返し/今、敷いてある畳の畳表の裏面を使用します。畳縁は新しくします。隙間・へこみなどできる範囲で修理します。


畳の構造


畳工事の流れ 例)裏返しの場合

畳替え工程1
(1) この畳を朝お預かりして一日で仕上げます。

畳替え工程2
(2)左のような道具を使い、大きい家具でもラクラク移動します。
(家具の中の物はそのままでOKです。)
畳は一度お預かりして工場へ運びます。

畳替え工程3
(3) 縁(へり)をきれいに外していきます。

畳替え工程4
(4) 今まで使っていた表を裏返します。

畳替え工程5
(5) これだけ色合いが違います。裏返しは5〜6年目が目安です。

畳替え工程6
(6) ※表替の場合はここで新しい畳表に替えます。

畳替え工程7
(7) 平刺し(ひらざし)。縁を縫い付けます。

畳替え工程8
(8) 現在は大型のミシンが使われます。

畳替え工程9
(9) 返し縫い。縁を返しておさえます。

畳替え工程10
(10) 畳替え完了。
このように生まれ変わります。違いをご覧下さい。